世代間連鎖 -悪習慣の鎖

2014年1月10日

世代間連鎖 -悪習慣の鎖
FROM:親子関係カウンセラー川島崇照

 

 

習慣の鎖

不健全な親子関係から受け取った影響は、あなたを息苦しくするばかりではありません。

その影響は、あなたの次の世代にも受け継がれることがあります。

 

人は幼少期に身につけたことを大人になっても繰り返すようになります。

親の行為を見て学習してしまった子どもたちは不幸なことにその方法しか知らないからです。

大人になって、自分の妻や夫、そして子どもたちに対して自分がされたことと同じことをしてしまうことがあるでしょう。

 

これが「世代間連鎖」と言われる負の鎖です。

 

切れない鎖

この鎖を持ってしまったら自然にはなかなか切れません。

子供の頃に身につけてしまった習慣は、大人になるまで何万回と繰り返されているからです。

その習慣をどうにかしない限り、時間が経つにつれて結びつきは強くなっていきます。

 

放置しておけば強固になるばかりなのです。

しかしこの鎖は、その存在に気付いた本人であれば切れないものではありません。

 

『鎖を切る』と決める

あなたはすでに大人になっています。

自分で決められる大人になっています。

この鎖を切るか放置しておくかも決められる大人になっています。

親のコントロールから抜け出し、自立したひとりの人間として自分をコントロールしましょう。



それが自分らしい生き方ってんですよね。


Posted by おとなの親子関係相談所 at 20:20 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談