天使は舞い降りない

2015年1月7日

天使は舞い降りない
From:親子関係カウンセラー川島崇照

 

 

心に不健全さを持つ親に対してあなたは期待していませんか?

「いつか私のことをわかってくれるかもしれない」

「いつか親子でわかりあえる日が来るかもしれない」

もし、あなたが淡い期待を胸に抱いているなら、その期待は十中八九裏切られることになるでしょう。

 

私はそんなふうに親から裏切られ続けた方の話を幾度も聴いてきました。

「今日はきっと…」「今度は大丈夫かも…」

その度に、子どもの心は引き裂かれ、さらに傷ついてゆくのです。

 

実際に私もそれを経験したひとりです。

毎日、母親から感情のおもむくままに怒りをぶつけられながらも、「今日は仲良くできるのではないか」と期待を持ち、すり寄ろうとするのです。

そして、毎日傷ついていました。

 

いつしか自分の気持ちを言わなくなり、親の言う通りに行動するようになります。

おかしいと思っても言えません。怖くて言えないのです。

 

しかし、いつもそうであったわけではありません。

自分の考えを伝える時もありました。

しかし、ことごとく否定されます。

それも、「おまえは頭がおかしい」「○○して当たり前だ」「おまえは常識がない」「おまえには何を言ってもダメだ」「もうおまえとは話したくない」などの言葉でです。

 

今考えれば明らかに不健全なのに。

そんなことも気づかないほど当時の私は心を支配されていたのです。

 

天使は舞い降りません。

不健全さを持つ親が何かの拍子に心を入れ替え、あなたに微笑みかけるようなテレビドラマのような展開は現実にはおきません。


Posted by おとなの親子関係相談所 at 14:14 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談