《ご報告》フジテレビ「ノンストップ!」に出演しました。

2015年1月9日

親子関係カウンセラー川島崇照

From:親子関係カウンセラー川島崇照

 

 

《ご報告》

皆さん、いつもカウンセラー川島崇照のコラムをお読みいただきたいへんありがとうございます。

 

ご報告です。

昨日1月8日にフジテレビ「ノンストップ!」の〈あなたの知らないセケン〉というコーナーで、高齢になってもなお子どもに過干渉や否定、罵倒をするケース【高齢毒母】を解説してまいりました。

 

なぜ、親が80、70歳になっても子供を束縛するのか?

なぜ、子供はそれをいともたやすく受け入れてしまうのか?

などなど、、、

 

今回のケースに出てきた母親はどれも毒性が低い例です。

表面的にも、心理的にも親は良かれと思ってやっていて、子供もそれを真っ向から否定できない。

「否定すれば、また昔のようにいろいろと言われるんだろうな。気が重いな、、、」

「もう親は高齢。あと数年我慢すれば、、、」

「私がいなくなったらこの人はどうやって生きていくんだろう、、、」

離れたくても離れられない状況が邪魔をして、子どもが身動きを取れなくなっています。

 

番組内では最初の一歩として子どもが取れる方法をお伝えしました。

それは毒性の低い親=マイルド毒母であれば効く言葉や気持ちの持ち方です。

 

いちばん大切なことは、親が毒親だということと、あなたがコントロールされているということを認識することです。

もっと毒性の強い親にはそれなりの覚悟で向かわなければなりません。

そのためにも折れない心をトレーニングしていくことが重要です。


Posted by おとなの親子関係相談所 at 17:06 / お知らせ

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談