[毒親の影響]「おまえはどうせ失敗する」という頭のなかに響くアノ人の声

2015年5月27日

[毒親の影響]「おまえはどうせ失敗する」という頭のなかに響くアノ人の声
From:親子関係カウンセラー 川島崇照

 

 

あがり症で悩んでいるA君がいました。

A君は複数の人を目の前にして話をしようとすると、体は硬直し、膝はガクガクと震え、ほほは痙攣してしまうのです。

胸はしめつけられ、呼吸は浅く、心臓がバクバクと音を立てるように鼓動を早めます。

挙句の果てには頭真っしろ、、、

他人の視線が怖くてたまりません。

注目されていることにとても恐怖を感じていました。

 

聞こえてくる父親の声

そんな時、決まって右後頭部のあたりからいつも聞こえてくるのが《A君の父親の声》だったのです。

「おまえ、そんな所で何をやってるんだ」

「おまえなんかにできるわけないだろ」

「そんなことやっても無駄だ」

聞こえてくるのは、昔から否定的なことばかりしか言わなかった父の声でした。

 

父はいつもA君を否定していました。

子どもの力を信じてくれませんでした。

「お前には無理だ」と言って背中を押してくれませんでした。

いつまでも非力なままでいろとばかりに考えを否定してきました。

 

父親の否定の声を聞いてしまうと、A君自身も自分を信じられなくなってしまいます。

「オレなんかがこんなところでしゃべっていいのか?」

「また恥をかくんじゃないか」

「きっと、また失敗するぞ」

こうなると、どこまで話したかなんて吹っ飛んでしまって、頭の中は真っ白状態。

言葉が出てきません、、、

 

そして、、、

「また失敗してしまった……」

こうやって、失敗体験の積み重ねていました。

 

【フラッシュバック】 - 心の傷の再演

むかし親から言われた心傷つく言葉がいつまでも頭から離れないという方がいます。

緊張する場面であったり、過去に失敗したのと同じような状況に遭遇したり、そんなときに親がいつもささやきかけてきます。

 

わたしたちは過去にたくさんの傷を心に負ってきました。

そして、そんな傷ついた過去の出来事を再演してしまうことがあります。

これを【フラッシュバック】と言います。

 

虐待経験、大きな失恋、生命に関わる事故の恐怖、大切なパートナーの喪失などなど、、、

過去の出来事をまるでいま映画を見ているかのように思い出し、同時にそのときの感情をが湧き上がってくるのです。

 

A君の後頭部から聞こえてきた父親の言葉もこのフラッシュバックの一つだと考えられます。

A君のように親の声が聞こえてくるのはたった一つのパターンでしかありません。

 

このほかにも、親と同じようなタイプの人に恐怖心や嫌悪感を感じてしまう方もいらっしゃいます。

声が大きい人、背が高い人、ヒステリックな人、しかめっ面な人、、、

そんな人を見ると、小さいときに親に感じていた恐怖心や罪悪感がよみがえってきます。

 

相手が男性だ、女性だというだけで一緒の空間に居れません。

あなたの父親が暴力的だったなら、男性恐怖になるかもしれません。

あなたの母親がヒステリックでいつも怒りを爆発させていたなら、女性嫌悪になるかもしれません。

 

毒親は離れていてもあなたに影響します。

あなたが親と縁を切っていても影響します。

あなたにささやきかけてくる声の主は誰ですか?


Posted by おとなの親子関係相談所 at 15:21 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談