毒親があなたを否定する本当の理由

2015年8月26日

毒親があなたを否定する理由

FROM:親子関係カウンセラー川島崇照

 

 

毒親はなぜ否定するのか?

心に問題を抱える毒親にとっては、従う子(=都合よく扱える子)が良い子です。

そして、従わない子(=自分の考えを持つ子ども)を悪い子だと判断します。

なぜならば、毒親はいつまでも自分の都合のよい状態を保とうとするからです。

 

「おまえは悪い子だ」と言って、子どもを否定し自立を妨害します。

毒親が否定する理由は、あなたに反抗心を抱かないようにさせておくためであり、 いつでもコントロールできるように従順な存在にしておくためでした。

 

毒親の否定はあなたの人生も壊す

子どもの心を傷つける「毒親」に育てられた方たちは、将来の目標を描くのが非常に苦手です。

 

あなたが育った家庭にはいつでも争いや怒りの爆発があったかもしれません。

そんな家庭のなかであなたはいつも緊張していたかもしれません。

そのほかさまざまな理由があって安心できない幼少期を過ごしたとすれば、無邪気に考えたり、自由に気持ちを感じたりすることはできなかったでしょう。

「安心」の無い家庭では自由に将来を思い描くということができません。

子どもにとっては毒となる家庭環境で育てば、自分の将来を思い描くことができなくなってしまうのも当然のことだと思います。

 

それに、毒親は子どもの夢や目標をつぶす「ドリームキラー」にもなります。

「そんなことできるわけがない」「そんなことをやってもムダだ」と言って将来に対して悲観的な感覚を植え付けます。

もし、それでも子どもが思ったとおりに行動しようとすると、「ワガママ」「自分勝手」と言って否定します。

これは、子どもが自分の意志を持って、主体的に行動することを許せないからです。

 

植え付けられた恐怖心と罪悪感

私たちは、恐怖や罪悪感を植え付けられ、本当の気持ちを感じても、それを言葉にすることも実行することもは許されませんでした。

 

  • 自分の考えを主張しようものなら何をされるかわかりません。
  • どんな汚い言葉でののしられるかわかりません。
  • 無視されるかもしれません。
  • もう愛してもらえないかもしれません。
  • 家から出て行けと言われるかもしれません。

 

こうやって毒親は子どもに恐怖心と罪悪感を植え付けてコントロールします。

ですから、不健全な家族システムの中で育った私たちは、目的意識をもつことや興味関心をもって将来の夢を思い描くことが苦手です。

 

私たち毒親育ちは気をつけないと人生を漂流しかねません。

いつも否定や批判の的にされてきたので人一倍、恐怖心と罪悪感が強くなっています。

それによって、否定されることを恐れていつも足元ばかりを気にしてしまいがちです。

 

自分の力を信じる

毒親は必ずあなたより先にいなくなります。

あなたに対して人生を指図するのに、その結果も見ず、失敗した時の責任も負わずにいなくなるのです。

とても理不尽ことです。

親はあなたを幸せにしてはくれません。

 

これまでのあなたは親に支配されてきた人生だったかもしれません。

しかし、親の心の問題に気づいたあなたは変われます。

「これからは自分の人生を生きる」と決断すれば、その日から新しい自分になれます。

 

あなたは親とは違うひとつの個性を持っています。

価値観も考え方も違います。

 

親の言っていることが正しいなんてことはありません。

親だって間違えながらこれまで生きてきました。

あなたの人生に責任をとれるのは「あなた」しかいません。

あなたの人生を幸せにできるのは「あなた」しかいないのです。

 

大切なことなのでもう一度言います。

「これからは自分の人生を生きる」と決断すれば、その日から新しい自分になれます。

親がなんと言おうとあなたは自分の思った通りに行動していいし、そうすることがあなたの人生を幸せにすることにもなります。

 

自分の力を信じて親から自立してください。

そして自由になってください。

 


Posted by おとなの親子関係相談所 at 17:54 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談