親に否定されている人がおちいる「落胆」という落とし穴

2015年11月29日

親に否定されている人がおちいる「落胆」という落とし穴-2

From:親子関係カウンセラー川島崇照(かわしまたかあき)

 

 

親に否定されるのはとてもつらいものです。

「なんでわかってくれないんだろう…」と、つらくて悲しくて、さみしくて、ついには腹が立ってきます。

 

あなたは親にわ理解してもらいたいと思うこともあるでしょう。

理解してもらいたくてたくさん説明しているかもしれません。

 

そんなとき、もし親が理解してくれるどころか、もっと否定してくるようだったら、、、

あなたの心はどんどん傷だらけになっていきます。

 

もし、親があなたの身になって考えてくれるような健全さを持っている人であれば、説明することもいいでしょう。

しかし、、、

これまであなたの気持ちに寄り添うことなどしてこなかった親であれば、、、

あなたがどんなに努力したとしても親が理解を示してくれるということは考えにくいことです。

 

理解してくれない親に理解してもらいたいと思っているとどんどん離れられなくなります。

恐怖心と罪悪感でいつもがんじがらめです。

 

親への期待は裏切られる

多くの方が親に期待してしまいます。

理解してもらいたい、受け入れてもらいたい、愛してもらいたい、と

親に期待してしまうのは子どもなら誰でも持っている本能です。

 

健全な親ならいいでしょう。

あなたをひとりの人間として尊重し、気持ちや考えを理解してくれるでしょう。

しかし、心に問題を抱えている親なら、あなたは期待を持つたび落胆させられます。

 

  • 親はあなたの気持ちを汲み取ってくれたことがあるでしょうか。
    それとも、いつも親の気持ちを押し付けられていましたか?
  • 親はあなたの気持ちにじっくりと耳を傾けてくれたことはあったでしょうか。
    それとも、勝手に決めつけられていましたか?
  • 親のほうが間違っていたときにあなたに対して素直に謝ってくれたことはあったでしょうか。
    それとも、あなたのせいにされていましたか?

 

あなたが上の3つの質問にひとつでも当てはまったら、親と一緒にいてもリラックスできなかったでしょう。

たくさんつらい気持ちを感じてきたかもしれません。

あなたの親は心に問題を抱えていて、あなたを傷つけていた可能性が高いと言えます。

 

×親はいつかわかってくれるはず

×親はいつか変わってくれるはず

もし、あなたがこんなふうに思っていて、だけどもこれまで親が理解してくれたという経験があまりなかったのであれば、かなり高い確率であなたの期待は落胆に変わっていくでしょう。

心に問題を抱えている親がある日突然優しい人になることはほぼありません。

親が変わることを期待しても、そこに待ち受けているのは「落胆」という落とし穴です。

 

期待していると離れられない

こんな親に期待していると、あなたはどんどんと自立心を失っていきます。

自立心とは、自分の気持ちや考えに従う力だと思ってください。

この自立心を失うと、自分の気持ちや考えに従って行動することができなくなります。

また、相手に否定されることを恐れるようになります。

心に問題を抱える親に対して、「理解させよう」「変えよう」という期待の気持ちが強いほど、あなたは親から離れられなくなっていきます。

 

期待している人の行動

  • 自分が正しいことをわからせるために細かくに説明している
  • 親が間違っていることをわからせるために細かくに説明している
  • 自分が正しいことをわからせるために言い争いをしている
  • 親が間違っていることをわからせるために言い争いをしている
  • 自分が正しいことをわからせるために怒りを爆発させる
  • 親が間違っていることをわからせるために怒りを爆発させる

もしあなたがこのような行動を取っていたのであれば、、、

あなたはすでに自立心が低下しているかもしれません。

本当は心を傷つける親と本当は離れたいのに、あなたのやっていることはさらに親と距離を縮めていることになります。

理解してくれない親のために貴重な人生を消耗させられています。

 

期待して人生を消耗させられないための6つの質問

親に期待している人は親との間に境界線を引けてないことがほとんどです。

境界線が引けていないと相手にいいように使われてしまいます。あなたも相手を変えようと必死になってしまいます。

 

これからあなたにお伝えすることは、心に問題を抱えている親との間に「心の境界線」を引きやすくするための解説と親に対する疑念をさらに確信に変えていくための6つの質問が書かれています。

この質問であなたと親の関係を確認してください。

そして心の境界線を引き、侵入されない心をつくってください。

 

1.親に期待しなくてよい

  • あなたは親に変わってもらいたいと期待していませんか?
  • あなたはいままで親に期待して、親はあなたの気持ちを受け入れてくれたことがありましたか?

何かのきっかけで親が変わると思うのは幻想です。もし、期待するたびに落胆していたのなら、今後もそのパターンが繰り返される可能性が高いでしょう。

 

〈カウンセラーからのコメント〉親に期待せず、自分に期待しましょう。

「親がどう思うか」ではなく、「自分がどう思うか」です。

「親がどう判断するか」ではなく、「自分がどうしたいか」です。

 

2.責任を感じなくてよい/責任を果たさなくてよい

  • あなたは自分が思った通りに行動したら責任を果たしていない感覚がありますか?
  • その責任感は誰に対するものですか? あなた自身にではなく親に対してではありませんか?

感じている責任があなたのものでなければ、それは誰かから背負わせれたものです。

そんなときは本来の持ち主に返さなくてはな りません。あなたが責任を負う必要はありません。

 

〈カウンセラーからのコメント〉自分の思った通りにすると「罪悪感」を感じることがあります。

これは、あなたが親から支配されていた時間が長かったことから起こる感覚です。

親はいつもあなたに主従関係を強いてきました。

ずっとコントロールされてきたということです。

あなたはあなたの人生を幸せにするために生きています。

親が上であなたが下なんてことはありません。

自分を優先してもいいんです。

親が感じさせる責任に振り回されないでください。

 

3.自分の思う通りに行動してよい

  • 親の許可が得られずあきらめていたことはなんですか?
  • もし、それをしたら周囲に対して悪影響がありますか?

悪影響もなく、すべての責任を自分で受けられるのであれば、あなたの思った通りに行動してみましょう。

あなたがすでになんでも自分で決められる大人になっているなら親から許可を得る必要はありません。あなたの人生はあなたのものなんですから

 

〈カウンセラーからのコメント〉あなたが自分の人生を優先しようとすると、心に不健全さを持つ親はまたあなたを傷つけようとするでしょう。

ひどいことを言って否定したり罵倒したりするかもしれません。

そんなときにはどうしたらよいのか?

答えは「そのまま自分の思い通りに行動する」です。

親はあなたをもとの関係に引き戻そうとします。

それは、「あなた」という存在がいなくなると<主従関係>が成立しなくなるからです。

なので、あらゆる手を打っては「以前の服従してくれるあなた」を取り戻そうとするでしょう。

屈してはいけません。親に行動で示しましょう。

「以前のわたしはいなくなったんだ。もう主従関係はつくれないんだよ。」というメッセージを伝えるのです。

親から身も心も離れるには、コントロールされている自分を捨てることです。


Posted by おとなの親子関係相談所 at 13:40 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談