[つらい親子関係のパターン]責任を押し付ける親

2015年12月13日

[つらい親子関係のパターン]責任を押し付ける親

FROM:親子関係カウンセラー川島崇照
 
 
何でも人のせいにする親がいます。

「私が不幸なのはお前のせいだ」や
「お前のせいでうまくいかなかったんだ」と
自分の責任を誰かに押し付けていないと気が済まない親です。

根拠の無い理由で自分には罪がないこと、
相手に責任が有ること、
自分は被害者であることを訴え続けます。

 

責任を押し付ける親の特徴的な言葉

 

何でも人のせいにする親は非常に強い被害者意識を持つタイプです。

自分を不幸だと決めて、他者にその責任を負わせようとします。

誰にでもそうするわけではありません。
しっかりと相手を見て自分よりも弱い相手を探します。

反論してこない人、押しつけを受け入れそうな人、
そこでターゲットになってしまったのが〈子どものあなた〉でした。

【責任を押し付ける親の特徴的な言葉】
●自分だけ幸せになればいいなんて絶対に許さないぞ
●親を捨てて、出て行くなんておまえは幸せになれない
●お前は自分の事しか考えていない
●私の世話は誰がするんだ?私が死んだらおまえのせいだ
●生活がよくならないのはおまえの働きが悪いからだ。もっと給料のいい仕事をしろ

 

責任の押し付けに翻弄されない自分になるためにできること

 

親の責任とあなたの責任をごちゃまぜに考えてはいけません。

親は自分の責任を放棄し、あなたに転嫁しようとしています。

この責任転嫁に慣れてしまうと親の言葉にいつも傷ついてしまいます。

 

責任を押し付けてくる親に対してあなたが取れる方法は?

責任を押し付けてくる親に対してあなたができることはなんでしょうか。

それは、責任の所在をはっきりとさせることです。

「それは私の責任なの?それとも親の責任なの?」と自分自身に問いかけてみてください。

自分に問いかけてみた結果、
押し付けられた責任がそもそも親のものであったり、
親のせいでその出来事が起きていたのであれば、
「それは私のものではない」とはっきりと断りましょう。

 

【親に伝える言葉の例】
●そんなこと言われても私にはどうすることもできないよ。
●だからって私が悪いことにはならないでしょ。
●そう思うのは勝手だけど、私には何も責任はないよ。
●このとき、親の責任を追求しなくてもいいです。

 

ただただ、自分には責任はないということをはっきりと宣言するだけでいいのです。

宣言したら、「自分はやれるだけのことはやったんだ」と考えて、普通にしていましょう。

親に対して示すあなたの毅然とした態度が「責任の押し付けは受け入れない」とアピールすることになります。

 

あなたは自分の責任ではないことを背負い込む必要はありません。

心に不健全さを持つ親の言うことに罪悪感を感じる必要はないのです。

 


Posted by おとなの親子関係相談所 at 19:39 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談