TOP > コラム > みんな悩んでる!?親から離れるときの罪悪感

コラム

みんな悩んでる!?親から離れるときの罪悪感

みんな悩んでる!?親から離れるときの罪悪感
 

こんにちは、川島です。
 

親と離れようとするとき、
罪悪感を感じて自分にブレーキを
かけてしまう時があります。
 

例えば、、、

  • 産んでくれたこと
  • 育ててくれたこと
  • 遊びに連れて行ってくれたこと
  • 学校に通わせてくれたこと
  • 家族のために働いてくれたこと

いろんな場面で罪悪感を感じてしまいますよね。
 
 

親のことは親自身が頑張るしかない

 
「親を捨てることになるんじゃないか」
「親を裏切ることになるんじゃないか」
と罪悪感を感じたときにどうすればいいのか?
 

自分の気持ちにブレーキをかけてしまって
身動きが取れなくなったときの
考え方や気持ちの立て直し方をお伝えしますね。
 

もし親に対して後ろめたい気持ちが出てきたら、、、
 

『親のことは親自身で頑張るしかない』
と考えてみてください。
 

親を捨てるのではありません。
 
親を裏切るのではありません。
 

親は親の責任で生きてもらうだけです。
 
親の人生は親のものなんですよ。
 
だれもが自分の責任で
人生を生きていくんです。
 

だから、親のの人生は親の責任で
生きてもらうことが
とても自然なことなんです。
 

いままで依存してきた親から離れて、
自然な状態に戻るだけ。
 

親から離れることは
何も悪いことではありません。
 

だから、あなたが親の責任を
肩代わりしてはいけません。
 
 

責任を肩代わりしていると親は自力を失う

 
子どもが親の責任を肩代わりしていると
親は生きる力を失っていくんです。
 

そして親は自分の責任を果たせなくなり
依存してくるでしょう。
 

依存ってね例えば、、、
 

  • あなたに愚痴を聞かせる
  • 親の責任なのにあなたのせいにする
  • 親が不安を解消しようとして、あなたを否定して考えを押し付けて、あなたの行動を変えることで安心しようとする

 

これぜんぶ、依存です。
 
まだ他にもいっぱいありますよ。
 
あなたもこういったことを
今までたくさん経験してきたのではないですか?
 

親があなたに依存を続けていると
親はどんどん自力を失っていきます。
 

自力を失っている弱々しい親を
目の前にしていると、
そんな親に対して何もしないことに
罪悪感を感じてしまいます。
 

罪悪感を感じたくないので
いろいろとやってあげていると、
親は子どもにいろいろとしてもらうことが
当たり前になっていきます。
 

親もいろいろしてもらうのが
当たり前なので
感謝もしてくれません。
 

結果、感謝もされず
やりたくないことをやり続けて
いかなければいけない状況を
自分で作り上げてしまうのです。
 

そんな悪循環のある状態を
『責任は本人が果たす』という
とても自然な状態に戻すだけです。
 

だから、『捨てる』でも『裏切る』でもありません。
 

離れることに罪悪感を感じなくてもいいんです。
 

親と離れることを
捨てる、裏切ると考えていると
罪悪感が出てきますよ。
 

そもそも、みんな自分の
責任で生きていかなくては
ならないのです。
 

親と離れやすくなるためには
「親と離れることは悪いことだ」という
認識を変えましょう。
 
 

親の責任と自分の責任に境界線を引こう

 
多くの方たちが親に感じている罪悪感について、
今度からどう考えればいいかをお伝えします。
 

生んでくれたことに対する罪悪感

 
よくね、「生んでやったんだ」「生んでもらっただろ」という言葉を使う人がいるんです。
 
子どもを所有物のように思っている人は、
こういう言い方をしますよ。
 
子どもが自分の思い通りになることが当たり前と
考えているんですね。
 
だから、「生んでやったんだ、だから言うとおりにしろ」
とでも言いたくなるのでしょう。
 

育ててくれたことに対する罪悪感

 
「誰のおかげでここまで育ったんだ」と言う親もいますよね。
 
「いやいや、ちょっと待って。あなたが子どもを生むって決めたんだから、育てるのは義務でしょうが!」っていう話ですよ。
 
そうです。子どもを育てるのは生んだ親の義務なんです。
 
育てる覚悟がないのなら、最初から生んじゃいけません。
 
こういうことを言う親は親としての覚悟がないということです。
 

遊びや旅行など、良くしてくれたことに対する罪悪感

 
これも多いですね。「良い暮らしができるのは誰のおかげだ?!」ってね。
 

でも、それをするって決めたのは誰ですか?
 
あなたが親から無理矢理お金を奪ってしたことですか?
 

じつは親の決めたことだったんです。
 
親がすると決めてしたことなんです。
 

恩を感じさせることで罪悪感を刷り込もうとする親の
代表的な言葉ですね。
 

学校に通わせてくれたことに対する罪悪感

 
もちろん小学校も中学校も義務教育です。
高校だってほとんど義務に近いでしょう。
 
焦点になるのは大学とか留学に
なることが多いのではないでしょうか。
 
でもね、これだって親に絶大な
決定権があったことだと思います。
 
あなたの一存ではできないことばかりです。
 
親だって通わせるって決めたんですよ。
 
それなのに、あとから「金かけてやった」と言われたら、
絶対にあなたが負ける後出しジャンケンですからね。
 
こういう親は何を言えばあなたが
言うとおりになるのかをよく知っています。
 

家族のために働いてくれたことに対する罪悪感

 
よく考えてみてください。
 
「親が家族のために働くのは当たり前でしょ!」って話です。
 
頑張って働いてくれる親に対して感謝を感じるなら「いつもありがとう」って言いましょう。
 
でもね、家計を支えることはそもそも親の義務なんだから、感謝を求めちゃいけません。
 
感謝は求められてすることではありません。
 
これも、子どもに罪悪感を刷り込んでコントロールしようとする親の典型的な手法です。
 
 

後悔しないように生きよう

 
自分の思い通りにならないと思い込んで、
我慢することが当たり前になってくると、
自分の思ったとおりにしようとすると
罪悪感を感じやすくなります。
 

誰にも助けを求められず、
いつでも仕事もストレスも
抱え込んでしまう人になります。
 

自分よりも相手を優先し、
巻き込まれ流されて
漂流の人生を生きてしまうかもしれません。
 

親から離れることを悪いことだと思わないでください。
 

あなたが親から離れることは、
親もあなたに依存しない
新しい生き方を見つけられるということです。

 

後悔しない人生を歩んでください。
 
あなたはあなたのために生きましょう。
 

おとなの親子関係相談所

お問い合わせ

48時間以内に、返答させていただきます。