否定ばかりする親が知られたくない衝撃の真実

2015年12月24日

否定ばかりする親が知られたくない衝撃の真実

FROM:親子関係カウンセラー川島崇照(かわしまたかあき)

 

 

ことあるごとに子どものことを否定する親がいます。
こんなふうに否定する親は、子どもの心に多くの傷を与えます。

 

おまえにできるわけがない
そんなことをやっても無駄だ
どうせうまくいかない
おまえの考えは間違っている
だからおまえはみんなから嫌われるんだ

 

長い間、こんな言葉で否定を受けていると
心の中に「自分」という感覚が育ちません。

日々、否定にさらされていたので自分の気持ちがわからなくなってしまいます。

そうすれば、自分が思った通りの行動を取るということができなくなります。

そして、いつも親の否定に恐れながら、親の言うとおりの人生を生きてしまいます。

 

否定されることの影響

 

否定を受け続けていたあなたは、
いつも他者からの批判を恐れてしまうようになっているかもしれません。

 

これをすると自分は否定されるのではないか
誰かに迷惑をかけるのではないか
相手に嫌われるかもしれない
自分の考えは間違っているかもしれない
相手の考えのほうが正しいのかもしれない

 

このように、自分の行動を制限してしまい、人生を楽しめません。

こういったことが原因で自分の意見を言わなかったり、したいことをあきらめてしまったりするのです。

 

また、誰かのお世話ばかりにがんばってしまうようにもなります。

相手の責任を自分のことのように感じて落ち込んでしまったりすることもあります。

「自分」が育っていないので、誰かの気持ちにのめり込んだり、肩代わりしてしまうがちです。

 

どんな親でも子どものことを否定してしまうことはあるでしょう。

しかし、それが頻繁であり、且つ何度も繰り返されていて、
しかもあなた自身に否定されたことの影響が出ているのであれば、

あなたの親は心に問題を抱えている可能性が高く、
あなたも深く傷ついているということです。

 

否定する親が知られたくない真実

 

実は、、、

否定ばかりする親というのは、
根強いコンプレックスや劣等感を持っていたりします。

だからいつも自分の問題を誰かのせいにしています。

 

人間は誰でもストレスを抱えるものです。

そしてストレスを抱えたときは発散したくなります。

健全な心の持ち主であれば、自分の責任においてストレスを発散するでしょう。

 

例えば、美味しい食事を食べることや運動をして汗を流してスッキリするなどです。

しかし、心に問題を抱えている人はストレスを誰かに押し付けます。

自分の問題を誰かのせいにスッキリしようとします。
機嫌が悪いので弱い者に対して怒鳴り散らしたりします。

 

「否定する親」も同じです。

親は自分ができなかったことをあなたがしようとしていることが許せず否定するのかもしれません。

自分が過去にうまくいかなったことなので、
あなたが成功することを妨害しようとしているのかもしれません。

否定は親があなたを思い通りにコントロールしようとするときも使われることがあります。

 

>>「あんな奴と結婚してもどうせうまくいかない。結婚を許さない」
>>「結婚すればおまえは不幸になる。不幸な人生を送るぞ」
>>「結婚したいなら勝手にすればいい。そのかわり私たちと縁を切るんだな」

 

このように否定して、あなたに恐怖心と罪悪感と孤独感を感じさせてきます。

まるであなたの方に問題があるかのように言ってコントロールしようとします。

 

心に問題を抱えている親は、
あなたが間違っているか、いないかにかかわらず否定してきます。

あなたを支配したいので否定するのです。
そして、その支配から逃げ出さないようにまた否定してきます。

 

親を観察する

 

もしあなたが親からの否定に辛い思いをしているなら、
そんなときはじっくりと親の言動を観察してみましょう。

親の否定には「嘘」がたくさん含まれている可能性が高いです。

親が言うことはあなたにとって真実ですか?

それとも勝手な推測や思い込みだったり、根拠の無い言いがかりではないですか?

大切なことは親が言う否定があなたにとって真実なのか、
それとも、あなたに問題はなく、親の心の問題で言っていることなのかを見極めることです。

 

例えば、、、

●「みんながあなたのことを◯◯だとおもっているわよ」は真実でしょうか。
みんなとは誰でしょうか?
親はその「みんな」に聞いて回ったのでしょうか?
 
●「おまえはいつもうまくいかない」は真実でしょうか。
本当に全部うまくいかなかったのですか?
うまくいったかどうかはあなたの捉え方なのに、なぜ親がジャッジできるのでしょうか?
 
●「絶対失敗するぞ!」は真実でしょうか。
何を根拠に言っているのでしょうか?
未来のことを予知することなんて誰にもできないはずです。

 

親は勝手な思い込みで言っているのです。

勝手に思い込んで否定しています。

本当は親だけの考えなのに、
それがあたかも正しくて、みんなもそう思っていて、他の選択肢が無いかのように言っては、
あなたに恐怖心を植え付けるのが否定する親の常套手段です。


Posted by おとなの親子関係相談所 at 19:54 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談