TOP > コラム > 親が進学・就職・転職を反対する > 親があなたを否定するときに言う「あなたのため」というウソ

コラム 親が進学・就職・転職を反対する

親があなたを否定するときに言う「あなたのため」というウソ

親があなたを否定するときに言う「あなたのため」というウソ

こんにちは、
親子関係カウンセラーの
川島崇照です。
あなたの親はこんなことを言いますか?

「私はあなたのことを思って言っているの」
「あなたのためにやっているの」

親からこんなことを言われた人は注意が必要です。

なぜなら、これらは
親があなたをコントロールしようと
するときに使う言葉だからです。

これまでのことを
振り返ってみて下さい。

 

心に問題がある親は自分が正しいと思い込んでいる

心に問題のある親は自分の考えが
『正しい』と強く思い込んでいます。

そして、その考えに合わない
行動をしているあなたを見て
『間違っている』とまた強く思い込みます。

そんなとき、親はあなたの考えを
変えさせようとして否定や批判をしてきます。

そのときによく言う言葉が
「あなたのため」という言葉です。

 

「あなたのため」と言う親は不安を抱えている

「あなたのため」といつでも言っている親は、
子どもが自分の思い通りにならないことに
不安を感じます。

進学、就職、恋愛、結婚、どんな友人と付き合っているか、
どこに行くか、何をするか、どこに住むか、など
ありとあらゆることに不安を感じています。

そして、不安を感じたくなくて、安心したくて、
自分の思った通りに子どもを
コントロールしようとしてきます。

 

だから、あなたの考えが親の考えと違っていたら、

「おまえの考え方は間違っている」
「おまえは常識がない」

と言って否定するし、さらに、

「◯◯するべきだ」
「◯◯するのが普通だ」

と言って親の考えを押し付けてくるんです。
あなたにも独自の価値観や考え方があるのに、
心に問題を持った親はそうは思えません。

 

親が「あなたのため」と言う心理背景

本当に親はあなたのためを思って言っているのでしょうか?

いいえ、親は自分のために言っているんです。

親があなたを見て不安になるのは、
親自身が自分の価値基準で
良いとか悪いとかを決めていて、
あなたがその基準に合っていないからです。

あなたのしていることが親にとって
都合の悪い状態になっていて、
その状態を変えたいから言うんです。

そんな親は、
「あなたのため」と言って自分を正当化し、
さらに、『子どものことを思って言っている親に
従わないあなた』という構図を作ることで
罪悪感を植え付けてコントロールしようと
しているんです。

 

親があなたを見て不安になる理由

親があなたを見て不安になるのには必ず理由があります。

それは『依存』です。

依存している親は、
自分の問題を自分の物だと
考えられていません。

自分の物だと考えられていないので
自分で解決していくということができません。

そして、あなたを利用して
問題の解決をしようとします。

例えば、こんな状態は
親があなたに依存している
可能性が高いです。

 

母親が父親の愚痴をあなたにいつでも聞かせている

考えてみてください。

夫婦間の問題は夫婦で解決
しなければいけない問題です。

それなのに、
あなたに愚痴を聞かせるばかりで
問題に向き合わないのは、
あなたに対してストレスの発散先という依存
をしていることになります。

 

「あなたにはまだ無理」と言って自立を許してくれない

「あなたに自立はまだ無理」という親は、
いつでもあなたを目の届くところに置いて
安心したいからです。

あなたが一人の力で生活できるかどうは
やってみないとわからないことだし、
そもそもやってみなければできるようにもなりません。

それなのに、いつでもあなたを
子供扱いして行動を制限するのは、
あなたの力を信じられない親がすることです。

そういう親は『子離れ』ができていません。

あなたが自立していくと心の支えを失うので
怖くて手放せないのです。

だからいつまでも子供扱いをして
無力にしておこうとします。

これも依存です。

 

両親が彼氏の職業や収入を理由に結婚を許してくれない

親が彼氏の職業や収入を理由に
結婚を許してくれないのは、
世間体を気にする劣等感を抱える親が
することです。

劣等感を抱える親というのは、
他人からどう思われるかを非常に気にします。
自分に自信がなくて、
その自信の無さを
見栄えの良いステータスで
補おうとします。

もしかしたら、あなたも
進路や就職の選択で親のステータスという価値基準を
押し付けられたかもしれません。

そして今、あなたの結婚相手も
親の価値基準で測られているのかもしれません。

親は見栄えの良い結婚相手は許せるけど、
そうではない相手は許せないのです。

親は自分の劣等感をあなたに押し付けて
代理で解消させようと
依存しているということです。

 

依存を受け入れ続けた未来

この先、あなたが依存を受け入れていると、
親の依存心はどんどん大きくなっていきます。

もっと求めてくるようになります。

なぜなら、親はあなたに依存を受け入れて
もらうと同時に、自分の力を
失っていくからです。

昨日も依存できたんだから、今日も依存できる
と思うのは自然な成り行きです。

親にとって依存することが
当たり前になっていきますから、
親の思い込みも強くなっていくでしょう。

そして、あなたは親から
さらに離れにくくなっていきます。

 

依存を受け入れないあなたになる

あなたが親からされていることが
『依存』だとわかったら、
次はどのようにして依存されない状態を
作っていけばいいのかを考えなければなりません。

しかし、親の心の中を変えることはできません。
親の行動をコントロールすることもできません。

大切なことはあなた自身が
親の依存を受け入れない『あなた』に
なるということです。

あなたが早く行動に起こせば、
それだけ親の依存心も小さくて済みます。

手遅れになる前に問題を解決しておかないと
あなたは人生を丸ごと依存されるかもしれません。

 

それはとても耐え難いことです。

 

親の依存から脱出する3ステップ

【ステップ1】親のウソを見極める

まずは親が「あなたのため」と言いながら、
実は自分のためにしていることを
見抜けるようにしましょう。

心が健康な親は、
あなたの考え方や価値観を
尊重しようとします。

親の考え方は親のものであって、
子どものものではないと
分けられています。

だから押し付けません。

親が「あなたのため」と言っていたら、
そう言って子どもの考えを変えさせて
得られる親のメリットは何だろうと考えてみましょう。

そこに、親が否定と考えの押しつけをしてくる
本当の理由が隠されています。

 

【ステップ2】親の依存は受け入れないと決める

親のウソが見極められるようになったら、
次はあなたが依存を受け入れない
と決める番です。

親の依存を受け入れないのは
正直怖い作業かもしれません。

また何を言われるかわかりませんからね。
傷つくことを言われるかもしれません。

でも、それこそ、
あなたのためを思っていない証拠です。

親があなたに
恐怖心を感じさせるのも
罪悪感を感じさせるのも
自己中心的に自分の都合しか
考えられていないからです。

本当にあなたのことを思っているなら、
親の発した言葉があなたにどう影響するかも
しっかりと考えるはずです。

それに、そもそも
あなたの人生はあなたのものです。

あなたがどのように生きていくかは
あなたが決めていくのが自然です。

だから、あなたは受け入れられない
ことを受け入れなくても良いんです。

あなたは自分の責任で行動し、
その結果も自分の責任で引き受けられれば
あなたが親に従う理由はありません。

 

【ステップ3】きっぱりと断って受け入れない

親の依存を受け入れないと決められたら、
次はきっぱりと断って受け入れないようにしましょう。

ここでとても大切なことをお伝えします。

 

それは、、、

〈親にわからせなくてもいい〉ということです。

あなたが親の依存を受け入れなくなったとき、
親はまた元の状態を取り戻そうと
必死に抵抗するでしょう。

あらゆる否定や批判を駆使して
あなたの考えを変えさせようと
躍起になるはずです。

しかしそれでも、あなたは
親にきっぱりと断ります。

  • 「それはお母さんの考えで、私の考えではないんだよ」
  • 「お父さんはそう考えるかもしれないけど、私には私の考え方があるから」
  • 「そんなに怒るならもう今日は話せないね。冷静に話せないなら今日はもうやめましょう」

話が噛み合わなくても良いんです。
むしろ噛み合わないぐらいがちょうどいいです。

きっぱりと断れたら、
できるだけ会話は短く終わらせましょう。

わからせる必要は無いのですから、
多くを語る必要はありません。

あなたは、
「わからせないとまた否定して
くるんじゃないの?」って思いますか。
実はそこがみんながおちいる罠なんです。

 

心に問題を抱える親は、
あなたのやっていることを
間違っていると決めているから
否定や批判をしてくるんです。

だから、わからせようと思うと、
あなたはいつまでも足踏み状態が続きます。

わかってくれるのは、
わかろうとしてくれる人だけです。

最初からわかろうとしていない人に
わからせることはできません。

それよりも、、、
あなたが親にきっぱりと断れたら、
あなたが思うように行動してみましょう。

そして、親にもう依存できないということを
認識させましょう。

親はきっぱりと断っているあなた、
自分の思った通りに行動するあなた、
を見て新しい印象を持ち始めます。

  • 「何をやっても依存できない」
  • 「今までうまくいっていた方法が通用しない」
  • 「この子にはもう依存できない」

これを続けていくと、
親の依存心とあきらめの量が
いつかどこかで逆転します。

そして親があなたに依存できないことを
確信したとき、あなたは親の依存から
解放されるでしょう。

大切なことは、
あなたは自分の気持ちを伝えて
断ることです。

そしてわからせる必要はありません。
許可をもらおうとしなくていいです。

宣言して行動するということです。

 

【まとめ】

○親の言っていることが誰のためのものなのかを客観的に観察するようにしよう

○親の考えは親にとって正しいだけで、あなたにとっては間違っていることがあることを知ろう

○親から依存されていることを認識できたら受け入れないようにしよう

あなたの人生はあなたのものです。
親の人生を生きるために生まれてきたのではありません。
自分の考えを信じて行動してみましょう。
あなたを幸せにできるのはあなた自身だけなのです。

おとなの親子関係相談所

お問い合わせ

48時間以内に、返答させていただきます。