母親の支配を乗り越える3つの対策

2016年3月1日

母親の支配を乗り越える3つの対策

FROM:親子関係カウンセラー川島崇照(かわしまたかあき)

 

「コントロールマザー」という言葉があります。

「コントロールマザー」とは、あなたを自分の都合よい存在に変えようとして、過干渉、否定、非難、罵倒、恫喝、暴力などの行為で支配してくる母親のことを言います。

 

コントロールマザーがよく使う言葉

「あなたのためにやっているのよ」

「お母さんもそうしてきたの」

「お母さんにそんなこと言ってヒドイ」

「気に入らないなら勝手にしなさい」

「だから言ったじゃない」

 

こういう母親に育てられた方は、「自分が悪いんだ」「親を悲しませてはいけない」「親に逆らってはいけない」と思い込んで苦しみます。

 

親はなぜあなたを支配しようとするのか?

支配しようとする親も、そのまた上の親から支配されてきたことという経験を持っています。

また、身近にいた大人たちから信頼されたり、尊重されたりと、信じてもらったという経験が著しく少ないのが特長です。

したがって、親自身も信じて任すことができません。

 

小さい頃からコントロールされていると「自分は自分であっていい」という感覚をもてません。

それも当然のことで、身近にいた親からいつも心を傷つけられていたので、自分を肯定することができなくなってしまうのです。

 

支配された影響とは?

支配する母親との長い生活のなかで受け取ってしまった影響はどんなものがあるでしょうか。

代表的な影響は下のようになります。

 

傷つけられた自尊心

●いつも自分に責任があるように感じしまう

●自分は間違っていると感じてしまう

●失敗を恐れる

●変化することを恐れる

●幸せになることに不安や後ろめたさを感じる

長いあいだ支配されてきたことで、自尊心が低くなっている方がほとんどです。

そして、恋人との関係、会社の人間関係、友人との関係など、
対人関係に不具合を抱えてしまう方はとても多いのです。

 

親への恐怖心と罪悪感

●『親に逆らってはならない』と感じる

●『親の考えは正しいに違いない』と感じる

●『親に怒られたくない』と感じる

●『親を悲しませたくない』と感じる

●『親から嫌われたくない』と感じる

このように、親への恐怖心や罪悪感からコントロールをたやすく受け入れてしまいやすくなります。

支配されていた時間が長いほど親に対する「恐怖心と罪悪感」が大きくなる傾向にあります。

あなたは小さい頃の親子関係から受けたイメージをずっと持ち続けています。

何歳になっても「親は恐い人」というイメージが拭えない方も少なくありません。

 

支配する親とは身も心も距離を取る

現在のあなたは、母親から身も心も支配されているかもしれません。

恐怖心と罪悪感という見えない糸で操られているかもしれません。

こういった状態から脱していくには、まずあなたと親とのあいだでいったい何が起きているのかを知っていくことです。

 

そして、親に対して最大限に警戒心を持つなど“心理的距離”を取ることです。

さらに、接触時間を少なくしたり、別々に暮らすなどの“物理的距離”を取ることです。

危険な親と離れ、奪われていた“自分のコントロール”を取り戻さなくてはなりません。

 

1.親と自分を観察する

親を冷静に観察していると、いつ、どこで、どのように支配しようとしてくるかが見えてきます。

そのとき自分がどのように支配を受け入れているのかもじっくり観察しましょう。

『支配しようとする母と支配を受け入れている私』という関係をあなた自身が認識することが大切です。

 

2.自分の価値観と母親の価値観は別のものだと考える

あなたと母は、親子と言えども生きてきた時代も環境も違います。

ですから、感じ方や考え方が違うことは当然のことなのです。

母親はあなたに自分の考えを押し付けてくるでしょう。

自分の考えが絶対に正しくて、あなたの考えは間違っていると言うでしょう。

 

しかし、それは正しくありません。

母親の言うことは、母親にとって“正しかった”というだけで、だからといってあなたにとっても正しいということにはならないはずです。

 

3.自分の人生は自分でコントロールすると決める

母親の言うことを受け入れて、もし人生がうまくいかなかったとしても母親はなんの責任も取ってくれません。

謝罪もしてくれないでしょう。

もしかすると、気付いた時にはすでに母親がいないかもしれません。

悔やんでも人生のやり直しはできないのです。

 

そのときになって路頭に迷わないために、今からでも自分の人生を自分でコントロールし始めましょう。

自分の人生の舵取り(コントロール)を誰にも渡さないでください。

あなたの人生を幸せにできるのは、“あなた”だけなのですから。

 

この基本的な3つの方法は、あなたが母親から“コントロールされない私”に変わっていくためのものです。


Posted by おとなの親子関係相談所 at 17:09 / コラム

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談