自分のことを認め、好きになれるようになりました。

2017年1月12日

2017/1/12更新《東京都在住 会社員 女性Sさん》
*自分を変えるメンタルトレーニング

自分のことを認め、好きになれるようになりました。
 

Q1:当初、どんなことに悩まれていましたか?

母親からの過干渉にうまく対処できない、責任感が強すぎてしまい他人からの頼まれごとを引き受けすぎてしまう性格で、生きにくさを感じていました。

 

Q2:カウンセリングを受けようと思ったキッカケはどんなことでしたか?

精神的に落ちこんでいたため、専門家に話を聞いてもらいたいと思ったことがきっかけです。

自分の生きにくさは「愛着障害」からくるものであると知り、障害を克服すれば生きやすくなるのだと、希望が持てたので、メンタルトレーニングを受けようと決めました。

 

Q3:カウンセリングの存在を知ってから申し込むまで、何か躊躇したことはありますか?

「愛着障害」という言葉すら初めて聞きました。
これさえ克服すれば、ありのままの自分で生きていけると思ったら、とても嬉しく、すぐにでもメンタルトレーニングを受けたいと思いました。迷いはありませんでした。

 

Q4:それはどうやって解消されましたか?

Q5:カウンセリングを申し込む際、最後の決め手になったのは何でしたか?

自分で自分を変えたいという気持ちです。
自分のことを変えられるのは自分しかいないと思います。

周りからどれだけ勧められても、自分が本当に変わろうと思わなければ、なにも変わらないと思いますし、周りがなんと言おうと、自分で変わろうと決意さえすれば、必ず変われると思います。

 

Q6:実際にカウンセリングを受けてみてどうでしたか?

毎回先生から頂いたアドバイスを元に、「新しい自分になるために何ができるか」毎日考えて取り組むようになりました。

結果がどうであれ、変わろうと行動している自分のことを認め、好きになれるようになりました。

人間は、「分からない」ことが一番怖いことなんだと思います。

悩んでいたことの理由や原因を説明してもらえて、「理解」できただけでも、かなり気持ちが軽くなり、それを改善しようというエネルギーが湧いてくるようになりました。

同じような悩みで苦しんでいる方にも、ぜひ自分を変える勇気を持って欲しいと思います。

自分を変えることは、自分にしかできませんが、川島先生のメンタルトレーニングには、そのヒントがたくさんあると思います。

 

 

kawashimatakaaki1_4
Rさん
ありがとうございます。Rさんはものすごいスピードで変化されましたね。本当によく努力されましたからね。たくさん自分をほめてください。

よくがんばりました。
あとは学ばれたことを実践されていけばいいでしょう。

最初はなんでも小さくはじめてみることです。

そして達成感を積み重ね、少しづつ自信を育んでください。

そうすることが心折れず前に進めるコツですからね。

 

答えが出ないとき、ひとりで不安なときは声をかけてください。

その際はこれまで同様精一杯サポートさせていただきます。

これまでたいへんありがとうございました。

 

Rさんの幸せをいつまでも祈っております。

おとなの親子関係相談所
親子関係カウンセラー 川島崇照


Posted by おとなの親子関係相談所 at 19:35 / 相談者の声

つらい親子関係・対人関係の問題のお悩み相談