TOP > コラム > 親が結婚や恋愛を反対する > 「わからせたい」をやめると結婚が成功する理由

コラム 親が結婚や恋愛を反対する

「わからせたい」をやめると結婚が成功する理由

「わからせたい」をやめると結婚が成功する理由

親子関係カウンセラーの
川島崇照です。
 

今日もこのコラムをお読みいただきありがとうございます。
 

結婚はあなたの権利です。
 

それなのに、親が認めてくれないことに腹を立てて
親と喧嘩していませんか?
 

親子喧嘩って、百害あって一利無し。
 

だからといって、
親子で仲良くしようねって言っているわけではありません。
 

我慢して親に従いましょうねって言うことでもないんです。
 

喧嘩をしてしまうと、
親に貴重な精神力を吸い取られて
あなたの幸せな結婚は遠のきますよということです。
 

喧嘩はあなたのためになりません。
 

今日はね、何で親子喧嘩をすると
あなたの結婚が遠いていくのかを解説します。
 

喧嘩することにパワーを使わずに
最短距離で幸せな結婚を成功させてください。
 

誰もあなたの結婚を反対できない

結婚は、
あなたが幸せになるためにすることですし、
幸せの形はあなたにしか決められません。
 

だから、誰もあなたの幸せを
否定することなんてできません。
 

それなのに、あなたが自分の結婚を親から反対されていて、
何度も何度も説明しているのに、
ぜんぜんわかってくれないなら、
 

あなたの親は、
「結婚は親のためにすることだ」って
考えているかもしれません。
 

そういう親って、
「なんで親の気持ちを考えないんだ?」とか、
「お前は自分さえ良ければいいのか?」って言いますからね。
 

あなたも言われてますか?
 

それを言われると、あなたも
「私の考えがおかしかったんだ」とか、
「私が自分勝手だったんだ」なんて
自分自身を責めてしまうかもしれません。
 

でも、そんなふうにあなたの結婚を反対する親は、
あなたのことを傷つけていることをわかっていないんです。
 

むしろ、あなたのためになれているとか、
不幸になる結婚からあなたを守れているとすら思っています。
 

だから、自信満々にあなたの結婚を反対するんです。
 

そういう親が抱える問題は、
自分が感じている感情があなたから与えられているものだと
錯覚していることです。
 

親は自分が感じている不安が
あなたから感じさせられていると
錯覚しているということなんです。
 

そして、親を不安にさせるあなたが悪いって思い込んで、
あなたの考えを変えようとしたり、
あなたの行動を否定したりします。
 

親子喧嘩は心の無駄遣い

でもあなただった反発しますよね。
 

ひとこと言ってやりたくなるじゃないですか。
 

「何でわかってくれないんだ、それでも親か!」みたいにね。
 

そうやって、だんだんとお互いが引くに引けなくなって
親子喧嘩に発展していきます。
 

でも、あなたが親に対して感情的になってしまうと
親の思う通りになってしまうんですよ。
 

「親に対して何だその口の聞き方は!」とか、
「こんなにも苦労して育てたのに、ひどい」なんて言われてね。
 

どんどん論点がズレていきます。
 

そして、親はどんどん厄介になっていきます。
 

そんな親と関わることは、
時間も精神力もあなたのほうから親に捧げているようなものです。
 

あなたは身も心も傷つき
へとへとになるまで疲れてしまっては、
結婚を成功させるためのエネルギーまで奪われているのと同じ。
 

結局、親の思いどおりになってしまいます。
 

『わかってくれる』というのは、
『わかろうとしてくれる』ということ。
 

わかろうとしてくれない相手に
わからせるのはとっても大変ですね。
 

それなのに、何度も説明して、
わかってくれようとしない親の態度に注目して、
心を乱されて傷つくのはあなたです。
 

あなたの気持ちを考えくれず、
自分たちの都合ばかりを押し付けている親と戦っても、
あなたの時間と精神力を浪費していくだけなんです。
 

親がけしかけてきた喧嘩に乗ってもいけません。
 

親が結婚の話を反対している限り、
何事も無く結婚の話が前に進んでいくことを許さないからです。
 

結局、親は反対して感情論に持ち込んで、
あなたを挑発し、あなたに感情的な発言を誘い、
「子どもから傷つけられた、やっぱり反対だ!」と言いますから。
 

だから、親と喧嘩しても
何も良ことはないし、
むしろ悪いことだらけだと思ってください。
 

親子喧嘩は、心の無駄遣いなんです。
 

戦わないで結婚することに集中する

大切なことは、親にわからせようとしないこと。
 

それよりも、自分を信じて、
より素早く結婚に向けて行動すること。
 

だから、親に対して腹が立ったら
きっぱり断って離れましょう。
 

認めないと決めている親を時間をかけて説得しても、
かけた時間のぶんだけ結婚は遠のきますから。
 

親から「結婚は認めていない」と言われても、
きっぱりと断って、自分のやりたいように結婚の話を具体的に前に進めましょう。
 

「だって、結婚は私の権利だし、
そんなふうに言われても私の考えかは変わらないから」
のように考えを伝えて断ってもいいんです。
 

親が「まだ納得していないぞ!」と言っても、
「だって、わかろうとしなかったのは親の方でしょ」
と考えて結婚の話をどんどん前に進めてもいいんです。
 

そもそも、あなたの権利である結婚です。
 

その権利を侵害されて傷つけられているとこを
伝えることが大事です。
 

親と戦わないでください。
 

戦えば、親子がお互いに正しさを証明したくなるし、
お互いに考えを否定したくなります。
 

お互い、さらに腹が立ってきて対抗意識が強くなります。
 

この悪循環に陥らないように
注意しなければなりませんね。
 

あなたの本当の『勝ち』は、
親がなんと言っていても考えを変わらないという
毅然とした態度を見せることです。
 

そして、
「この子に何を言っても無駄だ」と思わせて
あきらめさせることです。
 

おとなの親子関係相談所

お問い合わせ

48時間以内に、返答させていただきます。