TOP > コラム > 親が否定する > あなたばかりを否定する親の心理を解説

コラム 親が否定する

あなたばかりを否定する親の心理を解説

あなたばかりを否定する親の心理背景を解説

こんにちは、
 
親子関係カウンセラーの
川島崇照です。
 

妹や弟は許されたのに、
自分ばかりが制限されていたなんてことありませんか?
 

これまで、進学も就職も
ぜんぶ親の望むとおりにしてきてきたけど、
 

「おまえは親の言うことを聞かない」と言われて
否定されるというお悩みを持っている人がたくさんいます。
 

逆に、本当に言うことを聞かない妹や弟は
親から言われてもやりたくないことやらないで、
反抗ばかり。
 

でも親はそんなきょうだいを許すときもあって、
自分と扱いがすごく違っていたなんていうケースがとても多いんです。
 

あなたもこんな経験をしていませんでしたか?
 

どんなに頑張っても努力しても、
否定されてばかり。
 

妹や弟は自由に行動しているのに、
自分ばかりが制限される。
 

下の子は結婚を認めてもらえたのに、
自分の結婚は許してもらえない。
 

なんかね、もう損してばかりですよね。
 

今日はね、こうやって、
兄弟姉妹のなかでもあなたばかりを
否定する親の心理背景を解説していきますよ。
 

初めての子育てで不安を抱えた親

長女や長男ばかりを否定する親の心理背景は、
『不安視』です。
 

親は最初から親だったわけではありません。
 

あなたが産まれたことで
はじめて親になりました。
 

最初はわからない中での子育ってだったでしょう。
いろいろ不安になったことだってあると思います。
 

そして、親って初めての子に対しては、
不安を解消したくて過保護気味に関わるものなんです。
 

失敗したらどうしよう、、、
うまくいかなかったらどうしよう、、、
 
そんな不安で心のなかを一杯にしていたので、
信じて見守るということが不足しがちです。
 

なので、小さい頃から
親はあなたが力を持っていることを
信じられなかったかもしれません。
 

だから、いろいろと口を出しては、
あなたをコントロールしようとしたこともあるでしょう。
 

あれやこれやと手を出しては
お膳立てをしようとしたこともあるでしょう。
 

でもそれは、親が、
あなたが考えて、決めて、行動に起こせることを
知らないままで、生きてきたということになります。
 

知らなければ信じることもできません。
 

そして、
「この子の力ではうまくいくはずがない」
「この子だけでは生きていけるはずがない」
というふうに考えて不安になっているということなんです。
 

ずっとあなたのことを
力の無い子と決めつけて不安視しているんです。
 

親が安心できなければ否定される

あなたがどんなに親に従っても、
どんなに努力していても、
親から否定されてしまうのは
まさしく「不安」が残っているからです。
 

でもね、これあなたが親を安心させてあげましょう
という話ではありません。
 

信じて見守る力が欠落していて、
常に不安視している親の心の問題なんです。
 

そういう親は、みずから不安を生み出しますよ。
 

いつでも最悪の事態を想定して、
いっぱい不安を生み出して、
自分自身を追い込んでいるんです。
 

そして、厄介なのは、
親が自分でそうしていることに気づいていません。
 

むしろ、
「私を不安にさせているのはあなただ!」
って、またまた思い込んで決めつけています。
 

ちょっとでも不安なことがあれば、
とにかくあなたに否定します。
 

「それじゃダメ、こうしなさい」
「そんなのうまくいくはずがない、あなたの考えじゃ失敗する」
 

あなたが親の考えに従うまで否定を続けますよ。
 

しかし、残念ながら
あなたが親の言うことにぜんぶ従っても安心しないんです。
 

だって、親は『最高で完璧な安心』を求めるから。
 

でも、そんな安心はあるはずがありません。
 

そこで親はなにをするか?
 

親はあなたの行動を監視したくて家から出したがりません。
 

あなたが失敗すると決めつけてやらせたがりません。
 

あなたの結婚が失敗すると決めつけて許したがりません。
 

とにかく、いつまでも安心できないので、
ずっと否定を続けるんです。
 
これが、あなたが親から否定し続けられていた
本当の原因です。
 
あなたは否定されないように頑張っていたけど、
でも親の心も問題によって否定されていたんです。
 

親の不安を解消せずに、自分の安心を増やす

ここで大切なことは、
あなたが親の不安を解消してあげようとしないことです。
 

親に信じて見守る力がないことで
この問題が起こっているのに、
 

いつまでも言うことに従っていたり、
親が望みそうな状態を作ってあげようとしたり、
 

それをしていても
親が不安を生み出す心理構造は変わっていきません。
 

この問題を解消していくには、
 

親に従わず、あなたのやり方で、
あなた自身が満足するような状態を作り、
ちゃんと思っていることを伝えることです。
 

「私はこれでいいの、これで十分幸せに感じているから」
 
「お母さんはそう思うかもしれないけど、私にとってはこれが大事だから」
 
「お父さんはそれを失敗だと言うけど、私はそれよりもこっちのほうが大切だから」
 

わからせる必要はありません。
 

だって、わかろうと努力しない親には
形で見せないと納得しないからです。
 

だから、あなたが「コレが幸せ」という形を作って
見せてあげることが重要です。
 

「ほら、お母さんが思ったようなことにはならなかったでしょ。
それに私はこういう状態が欲しかったし、今とても幸せだよ」
って、自信を持って言い切ってみてください。
 

その言葉だって親にわからせる必要はありません。
 

言いっぱなしで大丈夫です。
 

あとは、親が怒っても泣いても、
あなたは自分の幸せの形を見せ続けてみましょう。
 

親はあなたを見て、
「もうコントロールできないな」と思い始めたら
支配することをあきらめていきます。
 

「この子は自分の力で自分なりに幸せを作っていけるんだな」
って思ったら、あなたの行動を不安に思うことは少なくなっていくはずです。
 

まずは親の心の問題を知ることが大事

親の心理背景を知ると
今まで見えてこなかったことが見えてきます。
 

人間の行動には必ず目的があって
何のためにそれをしていたのかを考えると
真実が見えてきますよ。
 

親の行動も一緒。
 

あなたが親の言葉や行動で傷つけられていたり、
なんでそういうことをするのか?と
疑問に思っているところがあるなら、
ちゃんと心理背景を知りましょう。
 

心理背景を知れば、
親の本心がわかります。
 

本心がわかれば
あなたが親から傷つけられずに済む方法を
考えることだってできます。
 

まずは知ることから始めましょう。

おとなの親子関係相談所

お問い合わせ

48時間以内に、返答させていただきます。